【造血幹細胞移植と血管病変】 造血幹細胞移植と肝中心静脈閉塞症

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝中心静脈閉塞症(VOD)は、移植前処置毒性や免疫抑制薬、あるいは炎症性サイトカインによる肝類洞内皮細胞障害を起点として発症し、非心原性の浮腫、黄疸、有痛性の肝腫大などを臨床的な特徴とする致死的な移植関連合併症の1つである。VODは比較的移植後早期の血小板減少時期に発症する頻度が高いこと、また輸血不応性の血小板減少を合併しやすいことから肝生検による病理学的な確定診断を得ることは難しい。VODに特異的なバイオマーカーや画像診断法が欠如することに加え有効な治療法が確立されていない現段階では、VODの発症リスクの高い患者を見極め、それらリスク因子を回避する移植方法を選択することが重要と考える。また、VODには内皮細胞障害に起因する凝固異常症が併存するため、抗凝固作用に加えて内皮保護作用を併せもつ遺伝子組換えトロンボモジュリン製剤(rTM)の有効性を示唆する報告が集積されつつあり、今後の臨床応用が期待される。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肝中心静脈閉塞症(VOD)は、移植前処置毒性や免疫抑制薬、あるいは炎症性サイトカインによる肝類洞内皮細胞障害を起点として発症し、非心原性の浮腫、黄疸、有痛性の肝腫大などを臨床的な特徴とする致死的な移植関連合併症の1つである。VODは比較的移植後早期の血小板減少時期に発症する頻度が高いこと、また輸血不応性の血小板減少を合併しやすいことから肝生検による病理学的な確定診断を得ることは難しい。VODに特異的なバイオマーカーや画像診断法が欠如することに加え有効な治療法が確立されていない現段階では、VODの発症リスクの高い患者を見極め、それらリスク因子を回避する移植方法を選択することが重要と考える。また、VODには内皮細胞障害に起因する凝固異常症が併存するため、抗凝固作用に加えて内皮保護作用を併せもつ遺伝子組換えトロンボモジュリン製剤(rTM)の有効性を示唆する報告が集積されつつあり、今後の臨床応用が期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。