How do you teach master Neurosurgicalテクニック? 頭部外傷編(第3回) 頭部外傷 穿頭術とその応用 脳室ドレナージ・頭蓋内圧センサー・血腫腔ドレナージ

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<頭部外傷 穿頭術とその応用のポイント>1 重症頭部外傷における穿頭術の有用性について理解する。血腫を早期に減圧できる利点のみならず、頭蓋内圧亢進に伴う悪影響の一時的回避のため「Damage Control Surgery」としての有用性も大きい。2 脳室ドレナージによる脳圧モニタリングは、脳脊髄液の排出による治療的効果が期待できる。また血腫腔ドレナージが有効な場合もあるが、姑息的対応で開頭術が必要となることが多い。外傷例での脳室穿刺は困難と言う意見もあるが、海外では重症頭部外傷の治療において脳神経外科医が習得すべき基本手技であり、第一選択である。3 頭部外傷の伴う線溶亢進がピークの際に、大開頭を行うリスクは高い。そのため、穿頭術を利用して時間をかせぎ、血液凝固系の補正を行い、抜本的手術に向かうこともできる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<頭部外傷 穿頭術とその応用のポイント>1 重症頭部外傷における穿頭術の有用性について理解する。血腫を早期に減圧できる利点のみならず、頭蓋内圧亢進に伴う悪影響の一時的回避のため「Damage Control Surgery」としての有用性も大きい。2 脳室ドレナージによる脳圧モニタリングは、脳脊髄液の排出による治療的効果が期待できる。また血腫腔ドレナージが有効な場合もあるが、姑息的対応で開頭術が必要となることが多い。外傷例での脳室穿刺は困難と言う意見もあるが、海外では重症頭部外傷の治療において脳神経外科医が習得すべき基本手技であり、第一選択である。3 頭部外傷の伴う線溶亢進がピークの際に、大開頭を行うリスクは高い。そのため、穿頭術を利用して時間をかせぎ、血液凝固系の補正を行い、抜本的手術に向かうこともできる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。