【麻酔科医の判断・決断・診断を知る 「違い」がわかる!術前~術後の麻酔とことんレクチャー】 1 術前の情報収集・準備

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】術前経口・投薬 午後の手術でも、前日午後9時以降は禁飲食にしています。ERAS(enhanced recovery after surgery)が普及していると聞きますが、術前の経口補水、経口摂取、消化管前処置について教えてください。禁飲食時間・術前処置の決定 麻酔科医はこう考える! 患者にとって長時間の禁飲食は不快である。ERASの普及により、術前禁飲食・前処置は大きく緩和された(図1)。年齢にかかわらず、手術2時間前までの清澄水の摂取は、誤嚥のリスクを高めることなく安全に行える。固形物に関しては、安全性に関する明確な指標はないため、固形物の最終摂取から6~8時間以上は空ける。消化管前処置は、創感染などの術後合併症の発生率を上げないために必ずしも必要な処置ではない1)。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】術前経口・投薬 午後の手術でも、前日午後9時以降は禁飲食にしています。ERAS(enhanced recovery after surgery)が普及していると聞きますが、術前の経口補水、経口摂取、消化管前処置について教えてください。禁飲食時間・術前処置の決定 麻酔科医はこう考える! 患者にとって長時間の禁飲食は不快である。ERASの普及により、術前禁飲食・前処置は大きく緩和された(図1)。年齢にかかわらず、手術2時間前までの清澄水の摂取は、誤嚥のリスクを高めることなく安全に行える。固形物に関しては、安全性に関する明確な指標はないため、固形物の最終摂取から6~8時間以上は空ける。消化管前処置は、創感染などの術後合併症の発生率を上げないために必ずしも必要な処置ではない1)。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。