【経腸栄養の副作用対策 半固形化栄養のメリット】 経鼻胃管からの半固形化経腸栄養法の方法と適応

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】半固形化経腸栄養法の可能性 経口摂取が困難な患者や摂食嚥下障害のある患者には経鼻胃管から液体経腸栄養剤を投与することが一般的ですが、胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease;GERD)や下痢、嘔吐などの合併症を起こす可能性があります。とくに重症症例に対しての早期経腸栄養の有用性は広く知られていますが、高度侵襲に伴う消化管の蠕動低下により早期経腸栄養を導入、継続できないことがあり、頭部挙上、消化管蠕動促進薬、投与経路を胃内から小腸投与へ変更、栄養剤を少量から緩徐に増量し、持続投与に切り替えるなどのさまざまな対策が必要となります。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】半固形化経腸栄養法の可能性 経口摂取が困難な患者や摂食嚥下障害のある患者には経鼻胃管から液体経腸栄養剤を投与することが一般的ですが、胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease;GERD)や下痢、嘔吐などの合併症を起こす可能性があります。とくに重症症例に対しての早期経腸栄養の有用性は広く知られていますが、高度侵襲に伴う消化管の蠕動低下により早期経腸栄養を導入、継続できないことがあり、頭部挙上、消化管蠕動促進薬、投与経路を胃内から小腸投与へ変更、栄養剤を少量から緩徐に増量し、持続投与に切り替えるなどのさまざまな対策が必要となります。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧25冊の書籍

1~25件/25件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。