さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 文字の中のふしぎ編

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

■じつは日本語は面白い!「民」の語源は恐ろしい!? 「十個」は「じっこ」?「じゅっこ」? 日本最古の字は「まら」だった? 日本語や漢字にまつわる、思わず誰かに教えたくなる雑学、知っているようで知らない話を91本収録! 普段なにげなくつかっている言葉の「意外なルーツ」や「正しい使い方」がわかる!! ■著者略歴北嶋廣敏(きたじま・ひろとし) 文筆家。福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。短歌・美術の評論でデビュー。古今東西のさまざまな文献に精通した博覧強記の読書人。面白くてためになる雑学系の著書は多くのファンを魅了している。 主な著書に、『林檎学大全』(アディン書房)、『塚本邦雄論』(六法出版社)、『画家と自画像』(泰流社)などの評論のほか、『知識ゼロからの大江戸入門』(幻冬舎)、『「右」と「左」の面白ネタ事典』(PHP研究所)、『日本の「初!」雑学事典』(三笠書房)、『雑学帝王500』(中経出版)などの多数の雑学書がある。

カゴに追加 300 円(税別)

■じつは日本語は面白い!「民」の語源は恐ろしい!? 「十個」は「じっこ」?「じゅっこ」? 日本最古の字は「まら」だった? 日本語や漢字にまつわる、思わず誰かに教えたくなる雑学、知っているようで知らない話を91本収録! 普段なにげなくつかっている言葉の「意外なルーツ」や「正しい使い方」がわかる!! ■著者略歴北嶋廣敏(きたじま・ひろとし) 文筆家。福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。短歌・美術の評論でデビュー。古今東西のさまざまな文献に精通した博覧強記の読書人。面白くてためになる雑学系の著書は多くのファンを魅了している。 主な著書に、『林檎学大全』(アディン書房)、『塚本邦雄論』(六法出版社)、『画家と自画像』(泰流社)などの評論のほか、『知識ゼロからの大江戸入門』(幻冬舎)、『「右」と「左」の面白ネタ事典』(PHP研究所)、『日本の「初!」雑学事典』(三笠書房)、『雑学帝王500』(中経出版)などの多数の雑学書がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。