書籍の詳細

日本コカ・コーラで最年少部長となり、デルで8期連続の赤字部門を再建し、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントでマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』の大ヒットを仕掛け、今、日本の家電業界に革命を起こしつつある新世代ビジネスリーダーの仕事の流儀。

総合評価
4.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    4章と5章
    1〜3章は伊藤さんのこれまでの経歴を元に書かれた史実。4〜5章にかけては経営者として、ご自身の想いを中心としている。初めての著書ということで荒さもあるが、それ以上に心に伝わる何かが存在する。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月28日
  • 世界を変えていくのは、よそ者、バカ者、若者だ。
    自動車業界から始まり、飲料業界、IT業界、スポーツアパレル業界、エンターテインメント業界と渡り歩き、どの業界でも常に記録的な実績を残し、いままたハイアール アジアの社長兼CEOとして旧三洋電機のAQUAブランドを再生、15年間続いた赤字を就任1年で黒字に転換させた伊藤嘉明氏。なぜその業界の素人が、どんな業界であっても驚異的な成果を生み出せるのか。本書は、その理由を伊藤氏自身の経験を通して明らかにするとともに、これからのビジネスパーソンに求められるのは、この道何年の業界のプロではなく、どんな業界にも通用する「しなやかでしたたかな強さ」であり、それは「よそ者」ならではの強みを生かしてこそ得られるということを強調している。とりわけ業界のプロが30万枚しか売れないと断言したマイケル・ジャクソンのDVD『THIS IS IT』を、230万枚売り上げたくだりは、迫真のドキュメントともなっている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年01月08日