なぜ自分は斬ったのか 「アジア解放」の虚構に気づいた元BC級戦犯の告白

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

1950年代の日本。戦争を放棄したはずの日本に警察予備隊が生まれた頃、戦犯に問われた人々を収容していたスガモプリズンの中から、再軍備への動きを止めようと、声を上げた男たちがいた。第二次大戦中のニューギニアで、ゲリラと疑われた現地住民の処刑に関与した元BC級戦犯の飯田進氏も、その一人だ。日本刀で切りつけた時の「ぬれ雑巾をたたきつけたような」感触、流れる血を見てこみ上げた吐き気。間違いだらけの起訴状でくだされた軍事法廷の判決。獄中で経験した、戦争観のドラスティックな転換……。「われわれは地獄の釜の縁に立っている。踏み外せば奈落の底に真っ逆さまだ」。90歳を超えてなお語り続けずにはいられない、「戦争」の正体。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6100文字/単行本換算で9ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

1950年代の日本。戦争を放棄したはずの日本に警察予備隊が生まれた頃、戦犯に問われた人々を収容していたスガモプリズンの中から、再軍備への動きを止めようと、声を上げた男たちがいた。第二次大戦中のニューギニアで、ゲリラと疑われた現地住民の処刑に関与した元BC級戦犯の飯田進氏も、その一人だ。日本刀で切りつけた時の「ぬれ雑巾をたたきつけたような」感触、流れる血を見てこみ上げた吐き気。間違いだらけの起訴状でくだされた軍事法廷の判決。獄中で経験した、戦争観のドラスティックな転換……。「われわれは地獄の釜の縁に立っている。踏み外せば奈落の底に真っ逆さまだ」。90歳を超えてなお語り続けずにはいられない、「戦争」の正体。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6100文字/単行本換算で9ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。