書籍の詳細

カネ無し。コネ無し。前職もクビ。それでもルイ・ヴィトンCEOに上りつめた男が魂を絞り尽くして伝える、あらゆる地位のビジネスマンの「伸び悩み」を解決する心得集。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ルイ・ヴィトン元CEOが教える 出世の極意のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • カネ無し、コネ無しでCEOに上りつめた男が綴った心得集
    どんな業種の成功者でも、一直線の平坦な道を歩んできたという人は皆無と言っていいだろう。トップに上りつめ、確たる成果を上げた多くの人が、もともとの不遇な境遇や、挫折を乗り越えた経験を語るものだ。本書の著者、マーク・ウェバー氏は、貧しい家庭に生まれ、米紳士服メーカーのフィリップス・ヴァン・ヒューゼン(現PVH)の雑用係であるアシスタント・デザイナーからキャリアをスタートし、同社でカルバン・クラインの買収成功などの経験・成果を積み重ねCEOに就任したものの、取締役会との対立で解任。そこから這い上がり、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)米国法人CEOに電撃抜擢される。本書では、自らの激動のキャリアを綴りながら、その中で学んだ「さまざまな困難を突破して組織で出世し、圧倒的な成功を手に入れる術(すべ)」を開示している。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年11月13日