【単話版】催眠アプリでビッチになってしまった爆乳妹がエロすぎてヤバイ

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

グレープが誇る次世代爆乳作家・コトバアイが妹催眠オカルトエロコメでコミックグレープ再登場!! 僕にはオカルト好きの妹・ちさとがいる。ちさとは学校でオカルトサークルに入っていて、そこで色々オカルトネタを仕入れてきては僕で試そうとする危ないヤツだ。今日も帰ってくるなり僕の部屋に勝手に入ってきて、どこで手に入れたか分からないような怪しげな催眠アプリを僕で試そうとしてくる。何やら相手にして欲しい事を文字で入力してから相手にスマホの画面を見せると催眠状態になってその通りに行動してしまうらしい。そんな簡単に催眠術なんてかかるわけがないと思っていたが、気が付くと僕はパンツ一枚になっていた。驚く僕を見てちさとはニヤニヤ笑いながら、また文字を入力し始める。そしてスマホの画面を再び僕に見せてくるが、そこで僕は近くにあった鏡で反撃を試みる。鏡によってスマホの画面を自分で見てしまったちさとは急に体が熱いと言って服を脱ぎ出し、そして爆乳を振り乱しながらオナニーを始めるのだった。何がどうなってるのかよく分からない僕の前でちさとはどんどんエロビッチになっていき、ついには僕のチンポを!?

グレープが誇る次世代爆乳作家・コトバアイが妹催眠オカルトエロコメでコミックグレープ再登場!! 僕にはオカルト好きの妹・ちさとがいる。ちさとは学校でオカルトサークルに入っていて、そこで色々オカルトネタを仕入れてきては僕で試そうとする危ないヤツだ。今日も帰ってくるなり僕の部屋に勝手に入ってきて、どこで手に入れたか分からないような怪しげな催眠アプリを僕で試そうとしてくる。何やら相手にして欲しい事を文字で入力してから相手にスマホの画面を見せると催眠状態になってその通りに行動してしまうらしい。そんな簡単に催眠術なんてかかるわけがないと思っていたが、気が付くと僕はパンツ一枚になっていた。驚く僕を見てちさとはニヤニヤ笑いながら、また文字を入力し始める。そしてスマホの画面を再び僕に見せてくるが、そこで僕は近くにあった鏡で反撃を試みる。鏡によってスマホの画面を自分で見てしまったちさとは急に体が熱いと言って服を脱ぎ出し、そして爆乳を振り乱しながらオナニーを始めるのだった。何がどうなってるのかよく分からない僕の前でちさとはどんどんエロビッチになっていき、ついには僕のチンポを!?

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 【単話版】催眠アプリでビッチになってしまった爆乳妹がエロすぎてヤバイ
  • 著者名: コトバアイ
  • eBookJapan発売日: 2015年08月07日
  • 出版社: GOT
  • 連載誌・レーベル: グレープ
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 21ページ
  • ファイルサイズ: 16.7MB
  • 関連ジャンル: ダイナマイツコミックグレープ
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。