父ちゃん私を殺さないで 70年前の沖縄で何が起きたか

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

米軍が渡嘉敷島に上陸してきた翌日、1945年3月28日の夜のこと。渡嘉敷島の住民たちは日本軍の陣地に集まった。そこで「集団自決」が始まった。当時9歳の田頭澄子さん(80)は、幼なじみの「愛ちゃん」の家族のことが、今も忘れられない。優しかった医師の父親がナタを振り上げ、妻を、そして子供を、次々に手にかけていく。「父ちゃん、殺さないで」と泣き叫ぶ「愛ちゃん」の姿が、今でも田頭さんの脳裏を離れない――。70年の時が過ぎても、今も沖縄の人々を苦しめる「戦世(いくさよ)」の記憶。生き残った人々はいま、何を思い、何を伝えようとしているのか。朝日新聞社が実施した沖縄戦体験者のアンケート回答者などに取材した。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:8000文字/単行本換算で11ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

米軍が渡嘉敷島に上陸してきた翌日、1945年3月28日の夜のこと。渡嘉敷島の住民たちは日本軍の陣地に集まった。そこで「集団自決」が始まった。当時9歳の田頭澄子さん(80)は、幼なじみの「愛ちゃん」の家族のことが、今も忘れられない。優しかった医師の父親がナタを振り上げ、妻を、そして子供を、次々に手にかけていく。「父ちゃん、殺さないで」と泣き叫ぶ「愛ちゃん」の姿が、今でも田頭さんの脳裏を離れない――。70年の時が過ぎても、今も沖縄の人々を苦しめる「戦世(いくさよ)」の記憶。生き残った人々はいま、何を思い、何を伝えようとしているのか。朝日新聞社が実施した沖縄戦体験者のアンケート回答者などに取材した。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:8000文字/単行本換算で11ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。