投稿論文 看護研究 回復期にある高次脳機能障害患者を受け持つ看護師の困難感

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】看護師が回復期にある高次脳機能障害患者を受け持つなかで、具体的にどのような困難感を抱いているのかを明らかにするために調査を行った。広島県内のリハビリテーションセンターに勤務する高次脳機能障害患者のケアに関わる看護師を対象とした。研究参加の同意が得られた看護師にフォーカス・グループ・インタビューを実施した。グループごとに作成した逐語録から看護師が困難を感じた経験や思いを表している箇所を抽出し、コード化し、カテゴリー化した。9名(男性2名、女性7名)の看護師から調査の同意が得られた。分析の結果、回復期にある高次脳機能障害患者を受け持つ看護師の困難感として、「高次脳機能障害に特徴的な症状とその対応」「暴言・暴力とその対応」「症状の個別性」「併存疾患の管理」「家族との関わり」「退院支援・調整」「チームの連携」「看護師自身の感情コントロール」「高次脳機能障害に対する社会的認知度の低さ」の九つのカテゴリーが抽出された。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】看護師が回復期にある高次脳機能障害患者を受け持つなかで、具体的にどのような困難感を抱いているのかを明らかにするために調査を行った。広島県内のリハビリテーションセンターに勤務する高次脳機能障害患者のケアに関わる看護師を対象とした。研究参加の同意が得られた看護師にフォーカス・グループ・インタビューを実施した。グループごとに作成した逐語録から看護師が困難を感じた経験や思いを表している箇所を抽出し、コード化し、カテゴリー化した。9名(男性2名、女性7名)の看護師から調査の同意が得られた。分析の結果、回復期にある高次脳機能障害患者を受け持つ看護師の困難感として、「高次脳機能障害に特徴的な症状とその対応」「暴言・暴力とその対応」「症状の個別性」「併存疾患の管理」「家族との関わり」「退院支援・調整」「チームの連携」「看護師自身の感情コントロール」「高次脳機能障害に対する社会的認知度の低さ」の九つのカテゴリーが抽出された。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧28冊の書籍

1~28件/28件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。