書籍の詳細

【ミニマリスト宣言!!】持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。 モノも情報もあまりに複雑化した現代。そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。断捨離からミニマリストへ。終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    足ることを知る
    とてもいい本です
    自分もミニマリストの自覚はなくても、物をたくさんもつのが嫌な性分で、我流で
    物を整理し、必要最低限の物で済ませ、余計な物はもたない主義で生活してきましたが、
    この本は今までのその自分の生活を明確に言葉にして肯定してくれ、さらに足りない部分を補って、新たな指針を与えてくれる内容でした

    自分が頭の中で漠然ともやもや思ってたことをこの著作者の方は「本当にその通りだなあ」と感動するぐらいはっきりと形にしてくれています

    断捨離 とらわれない心 貪らない心 今現在自分にあるもので満足する心 足ることを知る

    (上の表現はあくまでわたしのとらえ方ですが)そういったことがわかりやすく(他の方もおっしゃってますが)おしつけがましくない優しい言葉で語られています


    言い過ぎかもしれませんが、この作者さんはさまざまなものごとにとらわれない「解脱」に近い境地にいるんじゃないかと思います

    私個人としては買った値段の何倍何十倍の価値のある内容でした
    何度も読み返したいです
    • 参考になった 6
    投稿日:2016年01月03日
  • 匿名希望
    お勧め!
    自分の経験を元に、ミニマリストになって自分にどのような変化があったかを語るだけではなく、具体的なヒントも満載です。決して押しつけがましくなく、優しい語り口調なので、すっと入ってくる感じ。何回も読み返しながら、私も断捨離を始めました。

    自分の人生も部屋もごちゃごちゃし過ぎているなと考えている人にはお勧めです!
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年12月07日