書籍の詳細

王都の地下で、立体機動装置を操る窃盗団が目撃された! しかも、リーダー格の男は調査兵団クラスの実力を持つと見え…。調査兵団の若き分隊長・エルヴィンはリヴァイと名乗るその男に、ある取引を持ちかける。「王都のゴロツキ」はいかにして「人類最強」へと歩みを進めたか――!? 『進撃の巨人』人気キャラクター・リヴァイ兵長とエルヴィン団長の出会いを描く話題騒然スピンオフ、第1話『自由の翼』※カラー扉を再現

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

進撃の巨人 悔いなき選択 リマスター版のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • エルヴィンとリヴァイの出会いを描くスピンオフ カラー分冊版
    進撃の巨人のスピンオフ作品で、本編で調査兵団の団長・兵長を務めるエルヴィンとリヴァイの出会いを描く前日譚。人類最強とされるリヴァイって、調査兵団に入る前はこんな人物だったのか。これってスピンオフ作品で本編作者の諫山創はあくまで原作で、ストーリー原案:砂阿久雁、漫画:駿河ヒカルと別作者。この前日譚は“正史”になるなんだろうか?諫山創の考えるリヴァイも元々こんな人物なのだろうか?スピンオフとしては悪くなかったが、本編での人物像と若干ズレを感じたので、本編との繋がりが気になった。「リマスター版」(全9巻、各100円)を買ったが、これはいわゆる「分冊版」で、オリジナル・バージョン(全2巻、各400円)もある。値段だけを考えれば無印のほうが安い。無印とリマスター版の違いはebjの記載では良く分からないが、他サイトの情報を見るとリマスター版1~4巻が無印1巻、リマスター版5~8巻が無印2巻に相当し、リマスター版9巻は特装版付録小冊子に収録されていたプロローグ、番外編2編、キャラクタースケッチ、他イラストなどを集めた物らしい。つまり、特装版付録小冊子を無視すれば、無印2巻と分冊版リマスター版8巻で同じ値段。ただ、リマスター版には「カラー扉を再現」とあるので、これが無印版には無い違いか?(私は無印版は購入していないので未確認)。カラーが欲しい人はリマスター版を買ったほうがお得みたい?付録小冊子が要らなければ8巻までで物語は完結、付録も欲しければリマスター版9巻を追加で(もしくはセットで)買えば良し、というところか。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月06日