書籍の詳細

ヒマを持て余した細胞くんが迷子の乳酸菌と出会ったことによって巻き起こる“腸”スペクタクル巨編! 胃ではピロリ菌、腸では抗原変異した新型インフルエンザとバトル! そこに善玉菌、悪玉菌、日和見菌、そしてあの最強の敵も加わって、体の中は大騒ぎ! はたして細胞くんは迷子の乳酸菌を仲間のもとへ連れて行くことができるのか!?

総合評価
5.0 レビュー総数:4件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

はたらく細胞のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    もう、サッッイコー!!
    医療分野のコミックは、所謂「フラジャイル」や「ブラックジャック」「ドクターK」などに代表される医者コミックしか知りませんでしたが、あるCMを見てから、このコミックを知りました。
       
    とってもサイコー!
        
    擬人化した細胞達が日々わいわいガヤガヤ賑やかしいドラマを繰り広げているコミックです。
    読んで見て「こ、コレはスポ根か、ほのぼのか、コメディか、恋愛か!?」と迷いますが、
    まるっと飲み込んでひたすら読むのが一番いい姿勢だと思います。
    やっぱりメインは女性赤血球&男性白血球コンビのやりとりですね。
    その他のキャラも際だっており、ボケとツッコミあり、ツンデレあり、現実にもあるあるある場面や意外性、笑いもありで一気に読み終えてしまいます。
      
    敵である菌(ウイルス)なども憎めない性格してますし。
    意外な細胞達の黒歴史もあるし(笑)。
        
    3巻?以降は新キャラも登場してくるので、いったんコンビは解消し、
    各々の話となってストーリーは進みますが、まあ、それはソレ。
    いろいろな話がありますが、中でも一番のお気に入りは「サイトカイン」という話。
    何故かは……。
    読んでみれば判るかと。
        
    ま、自分の体内の中で日頃頑張っている細胞達を事故や病気などで
    失意のどん底に落とさないためにも、やる気スイッチ(サイトカイン)を
    押していかねば!と思います。
       
    あ。このコミックに出会ったあと、「もやしもん」という、此方は細胞達の敵?である
    菌の話を知ったのですが、やっぱり、此方が面白いよ~。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年09月10日
  • 匿名希望
    面白い
    体の細胞のことがよくわかる
    面白いし、わかりやすい
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月03日
  • 作品は最高に良い
    作品は最高に良いんだが、スキャンがとても悪い。まともに繋がってる見開きページが1ページも無い。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月01日
  • エンターテインメント学習マンガ
    とでも言いましょうか。悲劇と喜劇を取り入れつつ、いかにして自分が生存しているのかを知る事が出来ます。こんな事言われたら堅苦しそう?いえいえそんな事はありません。たしかデビュー時に妹さんに説明するために描いたとコメントしていたと思うのですが、そういう事もあってか、取っつきにくいなんて事は全くありません。ビジュアルもとっても分かりやすいので肩ひじ張らずに読み進められます。あ、でも、物質の説明文が小さいので、老が……遠視の人にはその辺がキビシイかもしれません。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月24日