書籍の詳細

amazon、ディズニーなど、最先端企業が注目する「ドローン」とは何か? 今後10年で1000億ドルを超す市場になるといわれるドローン・ビジネスとは? 最前線でコンサルティングを行う著者が、マーケットの現在・将来を解説する。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ドローン・ビジネスの衝撃 小型無人飛行機が切り開く新たなマーケットのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「空の産業革命」は未来をどう変えるのか?
    「ドローン」と呼ばれる小型無人飛行機の需要が急速に拡大している。これまでのラジコンヘリと異なり、熟練した操縦者がいなくとも自律的な飛行が可能で、かつ人間の目では確認しにくい場所の情報をつぶさに伝達・収集してくる能力は、まさに「空飛ぶロボット」であり、小型化・高性能化に伴い、その用途は日々進化している。本書は、今後10年間で120億ドル以上の市場に成長すると予測されるドローンについて、とくにビジネス分野での数々の活用事例や運用に向けた実証実験などを紹介しながら、ドローンが持つ大きな価値と可能性、および課題を論じている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年03月04日