もの言えぬ大国 天安門事件から26年

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

1989年、中国共産党の胡耀邦元総書記の死去をきっかけに、北京の天安門広場を学生らが埋めて民主化などを要求、事件は日本などでも大きく報道された。当局は事件を武力で制圧し、今でもこれを「動乱」と位置づけている。中国はその後、経済面で大きく成長したが、人権などの現状はどうなっているのだろう。世界を動かす「大国」の人権状況の今を追った。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6600文字/単行本換算で10ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

1989年、中国共産党の胡耀邦元総書記の死去をきっかけに、北京の天安門広場を学生らが埋めて民主化などを要求、事件は日本などでも大きく報道された。当局は事件を武力で制圧し、今でもこれを「動乱」と位置づけている。中国はその後、経済面で大きく成長したが、人権などの現状はどうなっているのだろう。世界を動かす「大国」の人権状況の今を追った。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6600文字/単行本換算で10ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。