アメリカ人に原爆の話をしてみたら 「なぜ落とした?」米国を愛する被爆者の問い

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

長崎原爆の爆心地から約4キロの地点で被曝した前田稔さんは、原爆の研究製造を進めた「マンハッタン計画」の調査レポートをいまもこつこつと書きなおしている。終戦後、英語教師となり、米国のオレゴン大大学院に留学した前田さんは、マンハッタン計画に参画した同大学の元学長の「長崎への原爆投下は不要だった」という言葉に出合う。愛する米国が、なぜ必要もなく原爆を投下したのか。毎年米国から訪れる研修旅行の高校生らに被爆体験を語る一方で、心中から消えない疑問――。他国、他民族への無知や偏見が原爆投下につながった、という前田さんの、一生をかけた「問い」を追いかけたライフ・ストーリー。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6600文字/単行本換算で10ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

長崎原爆の爆心地から約4キロの地点で被曝した前田稔さんは、原爆の研究製造を進めた「マンハッタン計画」の調査レポートをいまもこつこつと書きなおしている。終戦後、英語教師となり、米国のオレゴン大大学院に留学した前田さんは、マンハッタン計画に参画した同大学の元学長の「長崎への原爆投下は不要だった」という言葉に出合う。愛する米国が、なぜ必要もなく原爆を投下したのか。毎年米国から訪れる研修旅行の高校生らに被爆体験を語る一方で、心中から消えない疑問――。他国、他民族への無知や偏見が原爆投下につながった、という前田さんの、一生をかけた「問い」を追いかけたライフ・ストーリー。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6600文字/単行本換算で10ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。