書籍の詳細

変革をつくりだせ!持続的成長に向けて改革に挑んだリーダーの経営哲学と判断軸、そして心得に学ぶ「そういえば、キミは端っこのほうを一生懸命走っていたな」新規事業だったプリンター事業に携わっていた当時の私を振り返り、ある役員OBの方がおっしゃった。うまい表現だと感心するとともに、「端っこを走っていた」社員にも目配りしていただいたことを有難く思った。発展途上の会社の発展途上の経営者が記す本だからこそ、変革を迫られている日本企業のビジネスリーダーに、「自分たちもできる」と響くものがあるのではないか。コニカミノルタは、ほぼ同規模の2つの会社が2003年に経営統合して誕生した会社であり、2006年に両社の創業事業から撤退して事業ポートフォリオを転換しています。著者は、リーマン・ショック直後の2009年4月から5年間、同社の代表執行役社長として、「持続的に成長できる会社を目指す」を旗印として掲げ、成長戦略の推進、事業の転換、グローバル経営の進化に取り組んできました。会社としての“足腰”の強化、「社会に支持され、必要とされる会社」を目指したCSR経営、経営組織変更などを推進し、同社を成長軌道に乗せています。そして現在は、同社取締役会議長として、コーポレートガバナンスの実効性向上に取り組んでいます。本書は、30代、40代には傍流事業に身を置き、「端っこを走っていた」著者が、社長在任中の5年間、どのような哲学や判断軸の下に意思決定し行動して来たのかを、豊富なエピソードを交えて執筆した書下ろしです。ビジネスリーダーおよびビジネスリーダーを目指している人たち、企業の事例研究に興味のある人たちにとって、示唆に富んだ一冊です。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

傍流革命―小が大と戦うビジネス・アスリート経営のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 持続的成長に向けて改革に挑んだリーダーの経営哲学
    リーマンショック以降、欧州債務危機、東日本大震災などの大きなできごとが続くなど、日本企業はマイナスの環境変化にさらされてきた。しかしそれらに対応し、変革を迫られているにもかかわらず、決断・実行できる企業は多くない。本書は、そうした環境のなかで「自社のできること」を正しく捉えて変革を実行し、今なお成長の途上にある、今は複写機・プリンターを主力とする電機メーカー、コニカミノルタの前社長が、その改革の経緯と自らの経営哲学を語ったものである。リーマンショック直後の2009年から2014年まで同社社長職にあった著者は、「持続的成長」を最重要経営課題に掲げ、「ジャンルトップ戦略」と「事業の転換」を実行した。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年10月02日