パパラブ! vol.3 「酷いよおとうさんっ!」

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

「私、少しだけあなたとの距離を置こうと思うの」そう言って妻の紗枝が、四人娘の内の二人の娘を連れ家を出た。残ったのは長女の彩芽と三女の氷華。俺の名前は木崎春樹。しがない教職員だが、愛する妻と四人娘に囲まれ、平凡で平和な生活を送っていたが、いきなりの妻の別居宣言で一家はバラバラになってしまった。しかも妻が出ていった理由が不明なままだった。毎日の妻とのセックスがなくなったのもあり、結局二人の娘に手を出してしまった俺だったが、娘達も俺を愛してくれてることがわかり、全く後悔などしてはいなかった。それから数日後、娘達を交換することになり、次女の瀬苗と四女の奏実が家に戻ってきた。瀬苗は下ネタが得意で、それで俺をからかっていたがある夜、それがいきすぎてそのまま瀬苗を犯してしまった。そして驚いたことに瀬苗は初めて…つまり処女だった。おまけに、その様子を四女の奏実に知られてしまい、奏実は俺を露骨に避けるようになってしまう。そんな中でも俺は瀬苗といろいろな場所でエッチを重ねていき、ついにはコスプレエッチにも手を出してしまった…。

「私、少しだけあなたとの距離を置こうと思うの」そう言って妻の紗枝が、四人娘の内の二人の娘を連れ家を出た。残ったのは長女の彩芽と三女の氷華。俺の名前は木崎春樹。しがない教職員だが、愛する妻と四人娘に囲まれ、平凡で平和な生活を送っていたが、いきなりの妻の別居宣言で一家はバラバラになってしまった。しかも妻が出ていった理由が不明なままだった。毎日の妻とのセックスがなくなったのもあり、結局二人の娘に手を出してしまった俺だったが、娘達も俺を愛してくれてることがわかり、全く後悔などしてはいなかった。それから数日後、娘達を交換することになり、次女の瀬苗と四女の奏実が家に戻ってきた。瀬苗は下ネタが得意で、それで俺をからかっていたがある夜、それがいきすぎてそのまま瀬苗を犯してしまった。そして驚いたことに瀬苗は初めて…つまり処女だった。おまけに、その様子を四女の奏実に知られてしまい、奏実は俺を露骨に避けるようになってしまう。そんな中でも俺は瀬苗といろいろな場所でエッチを重ねていき、ついにはコスプレエッチにも手を出してしまった…。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。