パパラブ! vol.2「パパとのキスをお返しに」

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

「私、少しだけあなたと距離を置こうと思うの」そう言って妻の紗枝が、四人娘の内の二人の娘を連れ家を出た。残ったのは長女の彩芽と三女の氷華。俺の名前は木崎春樹。しがない教職員だが、愛する妻と四人娘に囲まれ、平凡で平和な生活を送っていたが、いきなりの妻の別居宣言で一家はバラバラになってしまった。しかも妻が出ていった理由が不明なままだった。紗枝が出て行って数日、家事が得意な四女の奏実がいないことで、家の中はトラブル続きだった。そんな時、俺は寝ぼけて、長女の彩芽を妻の紗枝と間違えて抱きしめてしまう。しかし彩芽は「私がお母さんの代わりになるから!」と言って、俺に抱きついてきた。妻の紗枝が居ないことで禁欲生活を送っていた俺は、彩芽の誘惑に負けてしまう。彩芽との関係はそれからも続き、学園でも身体を合わせるようになっていく。そんなある日、俺は自分のパンツが足りないことに気づいた。そしてそのパンツはあろうことか、氷華の自慰のオカズになっていた。ウチの三女はヘンタイだったのだ…。

「私、少しだけあなたと距離を置こうと思うの」そう言って妻の紗枝が、四人娘の内の二人の娘を連れ家を出た。残ったのは長女の彩芽と三女の氷華。俺の名前は木崎春樹。しがない教職員だが、愛する妻と四人娘に囲まれ、平凡で平和な生活を送っていたが、いきなりの妻の別居宣言で一家はバラバラになってしまった。しかも妻が出ていった理由が不明なままだった。紗枝が出て行って数日、家事が得意な四女の奏実がいないことで、家の中はトラブル続きだった。そんな時、俺は寝ぼけて、長女の彩芽を妻の紗枝と間違えて抱きしめてしまう。しかし彩芽は「私がお母さんの代わりになるから!」と言って、俺に抱きついてきた。妻の紗枝が居ないことで禁欲生活を送っていた俺は、彩芽の誘惑に負けてしまう。彩芽との関係はそれからも続き、学園でも身体を合わせるようになっていく。そんなある日、俺は自分のパンツが足りないことに気づいた。そしてそのパンツはあろうことか、氷華の自慰のオカズになっていた。ウチの三女はヘンタイだったのだ…。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。