中国株バブルが来た!

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

中国株が7年ぶりの大相場を迎えている。2014年7月から始まった株価の急騰で、指標となる上海総合指数は2.3倍になり、15年4月末には4500を突破したが、6月に入って続落し、4000台割れ目前に迫った。政府はこの株価維持に向け、預金準備率の引き下げや利下げを繰り返し行っている。一方で実体経済は弱さを示す指標が多く出ている。中国株はバブルなのか。バブルなら何がきっかけで崩壊するのか。こうした状況でも注目すべき銘柄はあるのか。中国株を組み込んだ投信の成績はどうか。それぞれの専門家の意見をまとめた。 本書は週刊エコノミスト2015年6月9日号で掲載された特集「中国株バブルが来た!」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに中国株バブルが来た!・上海市場は2.3倍に急騰・海外マネー 上海・深センと香港の“直通”で長期上昇へ・新興市場 PER100倍超「中国版ナスダック」急騰・上海市場銘柄 今買っても間に合う 下がったら買いたい・投資信託 本土株、香港、中華圏 運用成績が良いのはどれだ・中国株の種類と買い方・実体経済 足元の指標は軒並み弱含み・財政の闇 「影の銀行」地方債務対応で量的緩和も・マネーフロー 逃げる外資、外貨準備も急減・軍事 南シナ海で進む人工島建設

カゴに追加 200 円(税別)

中国株が7年ぶりの大相場を迎えている。2014年7月から始まった株価の急騰で、指標となる上海総合指数は2.3倍になり、15年4月末には4500を突破したが、6月に入って続落し、4000台割れ目前に迫った。政府はこの株価維持に向け、預金準備率の引き下げや利下げを繰り返し行っている。一方で実体経済は弱さを示す指標が多く出ている。中国株はバブルなのか。バブルなら何がきっかけで崩壊するのか。こうした状況でも注目すべき銘柄はあるのか。中国株を組み込んだ投信の成績はどうか。それぞれの専門家の意見をまとめた。 本書は週刊エコノミスト2015年6月9日号で掲載された特集「中国株バブルが来た!」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに中国株バブルが来た!・上海市場は2.3倍に急騰・海外マネー 上海・深センと香港の“直通”で長期上昇へ・新興市場 PER100倍超「中国版ナスダック」急騰・上海市場銘柄 今買っても間に合う 下がったら買いたい・投資信託 本土株、香港、中華圏 運用成績が良いのはどれだ・中国株の種類と買い方・実体経済 足元の指標は軒並み弱含み・財政の闇 「影の銀行」地方債務対応で量的緩和も・マネーフロー 逃げる外資、外貨準備も急減・軍事 南シナ海で進む人工島建設

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。