選択と捨象 「会社の寿命10年」時代の企業進化論

1200円 (税別)

獲得ポイント 12pt (1%還元)

市場の力を活用すれば、日本は再生できる! JAL、ダイエーなど、企業再生の修羅場を知り尽くした著者が、ブラック企業・ゾンビ企業の淘汰から始まる日本再生の処方箋を説く。真の改革のチャンスは危機の最中か直前にしかやってこない。

カゴに追加 1200 円(税別)

市場の力を活用すれば、日本は再生できる! JAL、ダイエーなど、企業再生の修羅場を知り尽くした著者が、ブラック企業・ゾンビ企業の淘汰から始まる日本再生の処方箋を説く。真の改革のチャンスは危機の最中か直前にしかやってこない。

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: 選択と捨象 「会社の寿命10年」時代の企業進化論
  • 著者名: 冨山和彦
  • eBookJapan発売日: 2015年07月10日
  • 出版社: 朝日新聞出版/文芸
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 2.7MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 ビジネス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

スペシャルレビュー

「若くて小さい会社」にしかできないこと、「古くて大きい会社」だからこそできること

低成長が続く日本において、今後つぶれる企業が多くなるのは、避けられない現実といえる。だがその一方で新規事業が増え、雇用の流動化が進むとするならば、生産性が低い企業の退出は経済社会の“新陳代謝”として前向きに捉えることもできる。本書では、2003年から4年間、政府の産業再生機構の最高執行責任者(COO)を務め、企業再生の現場を見てきた著者が、企業が生き残る事業を選び他を捨てる(選択と捨象)ことの価値を論じている。議論のベースにあるのは、企業を持続することのみを自己目的化する愚を避け、会社には必ず寿命が来ることを前提に経営や仕事を考えるべき、という著者の考えである。また本書では、カネボウ、三井鉱山、ダイエー、JALといった著者が関わった企業再生の生々しいストーリーとともに、著者の代名詞ともいえる「L型」「G型」の区分による地方企業論、高等教育論にも触れている。
書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。