書籍の詳細

市場の力を活用すれば、日本は再生できる! JAL、ダイエーなど、企業再生の修羅場を知り尽くした著者が、ブラック企業・ゾンビ企業の淘汰から始まる日本再生の処方箋を説く。真の改革のチャンスは危機の最中か直前にしかやってこない。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

選択と捨象 「会社の寿命10年」時代の企業進化論のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「若くて小さい会社」にしかできないこと、「古くて大きい会社」だからこそできること
    低成長が続く日本において、今後つぶれる企業が多くなるのは、避けられない現実といえる。だがその一方で新規事業が増え、雇用の流動化が進むとするならば、生産性が低い企業の退出は経済社会の“新陳代謝”として前向きに捉えることもできる。本書では、2003年から4年間、政府の産業再生機構の最高執行責任者(COO)を務め、企業再生の現場を見てきた著者が、企業が生き残る事業を選び他を捨てる(選択と捨象)ことの価値を論じている。議論のベースにあるのは、企業を持続することのみを自己目的化する愚を避け、会社には必ず寿命が来ることを前提に経営や仕事を考えるべき、という著者の考えである。また本書では、カネボウ、三井鉱山、ダイエー、JALといった著者が関わった企業再生の生々しいストーリーとともに、著者の代名詞ともいえる「L型」「G型」の区分による地方企業論、高等教育論にも触れている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年11月27日