ITの新たな危機 ゾンビOSS(日経BP Next ICT選書)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

※本書は、日経コンピュータ誌の特集記事「ゾンビOSSが危ない」(2014年12月11日号)を スマートフォンでも読みやすく再構成した電子書籍です。 専門記者によるレポートが手ごろな価格で手に入ります。既に死んでいるにもかかわらず町中を徘はい徊かいし、人間に危害を加えようとする怪物「ゾンビ」――。記者は、「ソフトウエアとしての寿命が尽きた“ゾンビOSS”が世界中の情報システムを危機に陥れている」と主張しています。分かりやすい例は、Javaアプリケーションフレームワーク「Struts 1」のセキュリティ脆弱性、暗号ソフト「OpenSSL」の脆弱性「Heartbleed」です。これらのOSSを利用している情報システムは大きなリスクを抱え込むことになりました。「なぜこんな事態になったのか」「ではどうしたらよいのか」を独自の分析でまとめたのが本書です。ゾンビ化を避けるには、「OSS側の開発事情を知ることが大切」だと記者は論じ、OSSを5つに分類して、それぞれのリスクを解説しています。ここが一番の読みどころです。パート3では「ゾンビ化を避ける心得」として4つ紹介しています。それは、OSSを利用するすべてのエンジニアが知っておくべき内容だと思います。

カゴに追加 500 円(税別)

※本書は、日経コンピュータ誌の特集記事「ゾンビOSSが危ない」(2014年12月11日号)を スマートフォンでも読みやすく再構成した電子書籍です。 専門記者によるレポートが手ごろな価格で手に入ります。既に死んでいるにもかかわらず町中を徘はい徊かいし、人間に危害を加えようとする怪物「ゾンビ」――。記者は、「ソフトウエアとしての寿命が尽きた“ゾンビOSS”が世界中の情報システムを危機に陥れている」と主張しています。分かりやすい例は、Javaアプリケーションフレームワーク「Struts 1」のセキュリティ脆弱性、暗号ソフト「OpenSSL」の脆弱性「Heartbleed」です。これらのOSSを利用している情報システムは大きなリスクを抱え込むことになりました。「なぜこんな事態になったのか」「ではどうしたらよいのか」を独自の分析でまとめたのが本書です。ゾンビ化を避けるには、「OSS側の開発事情を知ることが大切」だと記者は論じ、OSSを5つに分類して、それぞれのリスクを解説しています。ここが一番の読みどころです。パート3では「ゾンビ化を避ける心得」として4つ紹介しています。それは、OSSを利用するすべてのエンジニアが知っておくべき内容だと思います。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。