専門医に求められる最新の知識 機能外科 定位脳手術の歴史

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】今日、定位脳手術は、機能的脳神経外科のみならず、放射線治療、生検術などに、幅広く臨床応用されている。その歴史の始まりを振り返ると、画像診断、コンピューター技術の恩恵に預かっているわれわれには計り知れない先人の苦労に、敬服するばかりである。定位脳手術は、Dittmarが神経生理学研究の動物実験のために開発し、Horsley-ClarkeやSpiegel-Wycisらにより手術装置が精巧化し、臨床応用された。その後、Leksell、楢林をはじめとする幾多の脳神経外科医が独自のアイデアで定位脳手術装置を考案した。定位脳手術の原理であるa three dementional Cartesian coordinate systemは普遍である。目標位置の設定は、craniographから、第三脳室造影、CT、MRI画像診断法の導入により、定位性は向上し、脳機能解剖が解明される。適応疾患も拡大した。今後、コンピューターやロボット技術の進歩とともに、定位脳手術のさらなる発展が期待される。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】今日、定位脳手術は、機能的脳神経外科のみならず、放射線治療、生検術などに、幅広く臨床応用されている。その歴史の始まりを振り返ると、画像診断、コンピューター技術の恩恵に預かっているわれわれには計り知れない先人の苦労に、敬服するばかりである。定位脳手術は、Dittmarが神経生理学研究の動物実験のために開発し、Horsley-ClarkeやSpiegel-Wycisらにより手術装置が精巧化し、臨床応用された。その後、Leksell、楢林をはじめとする幾多の脳神経外科医が独自のアイデアで定位脳手術装置を考案した。定位脳手術の原理であるa three dementional Cartesian coordinate systemは普遍である。目標位置の設定は、craniographから、第三脳室造影、CT、MRI画像診断法の導入により、定位性は向上し、脳機能解剖が解明される。適応疾患も拡大した。今後、コンピューターやロボット技術の進歩とともに、定位脳手術のさらなる発展が期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。