【外科医に必要ながん化学療法の知識】 よく用いられる抗がん剤の種類とその用法

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】抗がん剤の歴史は、第II次世界大戦後のナイトロジェンマスタードに始まり、20世紀に数多くのいわゆる殺細胞性がん剤が開発された。そして、がん治療において重要な役割を果たしてきた。殺細胞性抗がん剤としては、アルキル化剤、プラチナ製剤、代謝拮抗剤、微小管をターゲットとするビンカアルカロイドとタキサン類、トポイソメラーゼI阻害剤のイリノテカンなど、トポイソメラーゼII阻害剤のエトポシド、ドキソルビシンなどがある。これらの抗がん剤に加えて抗腫瘍作用を持つサイトカイン、ホルモン剤に関しても適応となるがん腫、用法・用量、毒性について解説した。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】抗がん剤の歴史は、第II次世界大戦後のナイトロジェンマスタードに始まり、20世紀に数多くのいわゆる殺細胞性がん剤が開発された。そして、がん治療において重要な役割を果たしてきた。殺細胞性抗がん剤としては、アルキル化剤、プラチナ製剤、代謝拮抗剤、微小管をターゲットとするビンカアルカロイドとタキサン類、トポイソメラーゼI阻害剤のイリノテカンなど、トポイソメラーゼII阻害剤のエトポシド、ドキソルビシンなどがある。これらの抗がん剤に加えて抗腫瘍作用を持つサイトカイン、ホルモン剤に関しても適応となるがん腫、用法・用量、毒性について解説した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧41冊の書籍

1~41件/41件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。