【胃癌治療の新しい動向】 JCOG9501の結果を踏まえた胃癌の手術治療

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】JCOG9501(大動脈周囲リンパ節郭清の臨床的意義に関する研究)は深達度がT2(SS)以深で根治切除が可能な進行胃癌に対し、標準的D2郭清にNo.16郭清を加えることの是非を問う臨床試験である。拡大群の手術侵襲は大きいものの2群間の術後合併症に差は認められなかった。しかし、5年生存率も標準群69.2%、拡大群70.3%とまったく差がなく、無再発生存期間や再発形式もまったく差がなかった。以上より、治癒切除可能な進行胃癌に対し予防的No.16郭清は否定され、D2郭清が標準となる。しかし、当院でのNo.16郭清355例、およびNo.16再発郭清22例の検討より、No.16郭清が必要な症例はあり得る可能性が示唆された。また、術前化学療法後にD2+No.16郭清を行うべきか否かについては今後の課題である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】JCOG9501(大動脈周囲リンパ節郭清の臨床的意義に関する研究)は深達度がT2(SS)以深で根治切除が可能な進行胃癌に対し、標準的D2郭清にNo.16郭清を加えることの是非を問う臨床試験である。拡大群の手術侵襲は大きいものの2群間の術後合併症に差は認められなかった。しかし、5年生存率も標準群69.2%、拡大群70.3%とまったく差がなく、無再発生存期間や再発形式もまったく差がなかった。以上より、治癒切除可能な進行胃癌に対し予防的No.16郭清は否定され、D2郭清が標準となる。しかし、当院でのNo.16郭清355例、およびNo.16再発郭清22例の検討より、No.16郭清が必要な症例はあり得る可能性が示唆された。また、術前化学療法後にD2+No.16郭清を行うべきか否かについては今後の課題である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。