【レジデントのための内分泌外科の常識】 内分泌外科は何を目指すか

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】甲状腺、副甲状腺、副腎、膵腸管内分泌臓器の病変の診断・治療を行う内分泌外科は外科学全体の中では小さな分野である。しかし、臓器の大きさとその科学的・臨床的価値観は同一されるものでなく、専門性の高い分野として高く評価されている。疾患としては甲状腺疾患が最も多いが、日本では副甲状腺、膵内分泌腫瘍の研究・臨床がきわめて遅れている。とくに、副甲状腺機能亢進症の臨床に関しては内科医がもっと関心を持ってもくれなくてはならない。良き内分泌内科・科学者あっての内分泌外科の発展と考えている。外科といえば消化器外科、胸部外科が中心であるが、将来のことを考えると内科的知識を持った内分泌外科医は重宝されると考えている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】甲状腺、副甲状腺、副腎、膵腸管内分泌臓器の病変の診断・治療を行う内分泌外科は外科学全体の中では小さな分野である。しかし、臓器の大きさとその科学的・臨床的価値観は同一されるものでなく、専門性の高い分野として高く評価されている。疾患としては甲状腺疾患が最も多いが、日本では副甲状腺、膵内分泌腫瘍の研究・臨床がきわめて遅れている。とくに、副甲状腺機能亢進症の臨床に関しては内科医がもっと関心を持ってもくれなくてはならない。良き内分泌内科・科学者あっての内分泌外科の発展と考えている。外科といえば消化器外科、胸部外科が中心であるが、将来のことを考えると内科的知識を持った内分泌外科医は重宝されると考えている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。