【外科医が知っておくべきIVRのすべて】 消化管におけるIVRの適応と限界 消化管狭窄に対するIVR

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】消化管狭窄に対しては外科治療が優先されるが、対象外の症例も少なくない。対象外の良性狭窄に対してはバルーンなどによる拡張術が第1選択となる。これらの治療法が無効である場合や手術不能悪性閉塞に対してはステント留置術が行われ、食道、胃・十二指腸、大腸領域が対象となっている。一般的に良性狭窄に対しては、ステント端に起こる組織の過形成によりかえって狭窄が進行性となることから、従来の治療法が奏功しない場合に行うべきとされている。一方、悪性閉塞に対しては多くの領域で予後の短い患者を対象とすることから外科治療にとって代わろうとしている。とくに食道を主とした瘻孔閉鎖に大きな威力を発揮している。またユニークなのは急性悪性大腸閉塞に対する術前処置として用いられ、1回の待機的治癒手術を可能にしている。このように消化管狭窄においてステント留置術は今やなくてはならないものとなっている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】消化管狭窄に対しては外科治療が優先されるが、対象外の症例も少なくない。対象外の良性狭窄に対してはバルーンなどによる拡張術が第1選択となる。これらの治療法が無効である場合や手術不能悪性閉塞に対してはステント留置術が行われ、食道、胃・十二指腸、大腸領域が対象となっている。一般的に良性狭窄に対しては、ステント端に起こる組織の過形成によりかえって狭窄が進行性となることから、従来の治療法が奏功しない場合に行うべきとされている。一方、悪性閉塞に対しては多くの領域で予後の短い患者を対象とすることから外科治療にとって代わろうとしている。とくに食道を主とした瘻孔閉鎖に大きな威力を発揮している。またユニークなのは急性悪性大腸閉塞に対する術前処置として用いられ、1回の待機的治癒手術を可能にしている。このように消化管狭窄においてステント留置術は今やなくてはならないものとなっている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。