【腫瘍外科治療の最前線】 K.甲状腺・副腎の腫瘍性疾患 80.甲状腺髄様癌

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】甲状腺髄様癌の治療方針を決定するうえで、遺伝性と散発性を鑑別することがなによりも大切である。遺伝性の場合、原因遺伝子であるRET遺伝子にほとんどすべての家系で変異が証明される。RET変異の部位と各臨床病型には明らかな関連が存在し、多発性内分泌腺腫症(MEN 2Aおよび2B)の一部分症である髄様癌あるいは家族性甲状腺髄様癌(FMTC)であることが判明する。術前に甲状腺髄様癌が疑われた場合は遺伝カウンセリングを必ず行い、RET遺伝子診断について説明する必要がある。遺伝性の場合は術前に副腎褐色細胞腫の有無を検索し、褐色細胞腫が存在すれば副腎手術を優先する。また遺伝性の場合、手術では甲状腺全摘を選択する。欧米では小児に対して遺伝子診断を行い、実際に予防的甲状腺全摘が行われているが、日本でのコンセンサスはまだない。散発性では病状に応じて甲状腺切除の範囲、リンパ節郭清の範囲を決める。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】甲状腺髄様癌の治療方針を決定するうえで、遺伝性と散発性を鑑別することがなによりも大切である。遺伝性の場合、原因遺伝子であるRET遺伝子にほとんどすべての家系で変異が証明される。RET変異の部位と各臨床病型には明らかな関連が存在し、多発性内分泌腺腫症(MEN 2Aおよび2B)の一部分症である髄様癌あるいは家族性甲状腺髄様癌(FMTC)であることが判明する。術前に甲状腺髄様癌が疑われた場合は遺伝カウンセリングを必ず行い、RET遺伝子診断について説明する必要がある。遺伝性の場合は術前に副腎褐色細胞腫の有無を検索し、褐色細胞腫が存在すれば副腎手術を優先する。また遺伝性の場合、手術では甲状腺全摘を選択する。欧米では小児に対して遺伝子診断を行い、実際に予防的甲状腺全摘が行われているが、日本でのコンセンサスはまだない。散発性では病状に応じて甲状腺切除の範囲、リンパ節郭清の範囲を決める。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧58冊の書籍

1~50件/58件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。