【腫瘍外科治療の最前線】 B.胃・十二指腸の腫瘍性疾患 26.胃平滑肉腫・肉腫 主にGISTについて

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】胃間葉系腫瘍のほとんどがGISTであることが判明した。そこで、主にGISTの診断と治療について述べる。GISTに対する治療方針の基本は外科的切除であり、腫瘍部分の完全摘出が原則である。すなわち(1)clear marginの確保、(2)局所切除でよい、(3)隣接臓器を一塊として切除、(4)術中操作によるruptureを避ける、(5)一般にリンパ節郭清は必要ない、などである。切除後、悪性度を病理学的に評価し、悪性度の高い症例では経過観察を十分に行い、再発した場合にはイマチニブを用いた化学療法と外科的切除をうまく組み合わせた治療が重要である。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】胃間葉系腫瘍のほとんどがGISTであることが判明した。そこで、主にGISTの診断と治療について述べる。GISTに対する治療方針の基本は外科的切除であり、腫瘍部分の完全摘出が原則である。すなわち(1)clear marginの確保、(2)局所切除でよい、(3)隣接臓器を一塊として切除、(4)術中操作によるruptureを避ける、(5)一般にリンパ節郭清は必要ない、などである。切除後、悪性度を病理学的に評価し、悪性度の高い症例では経過観察を十分に行い、再発した場合にはイマチニブを用いた化学療法と外科的切除をうまく組み合わせた治療が重要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧58冊の書籍

1~50件/58件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。