オールカラー版 寿司ネタ図鑑

850円 (税別)

獲得ポイント 9pt (1%還元)

圧倒的な支持を得た『寿司ネタ図鑑』のオールカラー版。魚の図鑑にもなる一冊で2度おいしい電子書籍版です。握り寿司は、江戸時代の後期から末期頃に江戸で生まれた、といわれている。 はじめ、江戸ではコハダやアジなどのさっぱりした味の魚が江戸っ子たちに気に入られ、脂の多いマグロなどは“下魚(げうお)”として嫌われていたようだ。 しかし、時代とともに生活のスタイルや味の好みも変化し、現在では、トロは寿司ネタとしては、最高級のものとされている。 寿司飯の上にネタを載せて握るだけ、と言ってしまえばそれだけのものだが、それだけに寿司に込められた寿司職人たちの思い入れは、また格別なものがある。 寿司職人たちの腕前を愛で、同時にそのネタになった魚や貝たちの自然界での生き生きとした姿をゆっくりとご賞味ください。【ご注意】・この作品はフルカラー版です。

カゴに追加 850 円(税別)

圧倒的な支持を得た『寿司ネタ図鑑』のオールカラー版。魚の図鑑にもなる一冊で2度おいしい電子書籍版です。握り寿司は、江戸時代の後期から末期頃に江戸で生まれた、といわれている。 はじめ、江戸ではコハダやアジなどのさっぱりした味の魚が江戸っ子たちに気に入られ、脂の多いマグロなどは“下魚(げうお)”として嫌われていたようだ。 しかし、時代とともに生活のスタイルや味の好みも変化し、現在では、トロは寿司ネタとしては、最高級のものとされている。 寿司飯の上にネタを載せて握るだけ、と言ってしまえばそれだけのものだが、それだけに寿司に込められた寿司職人たちの思い入れは、また格別なものがある。 寿司職人たちの腕前を愛で、同時にそのネタになった魚や貝たちの自然界での生き生きとした姿をゆっくりとご賞味ください。【ご注意】・この作品はフルカラー版です。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。