書籍の詳細

兄のレストランで働くシェフ見習いの朝陽には、頭も顔も完璧で女子に人気の自慢の親友・貴朗がいる。そんなモテ男の貴朗だけど、大学で友達も作らず無愛想で人付き合いがヘタなところが玉に瑕。今のところ貴朗が唯一気を許せる相手は朝陽だけらしい。誰もが憧れるイケメンに特別扱いされるのは悪い気はしない朝陽だけど、ある日、好みの女性のタイプを聞いた途端、突然豹変した貴朗に押し倒されてしまう。しかも「朝陽じゃなきゃ嫌だ!」と強引にキスまでされちゃって――!?

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

友達だって言ったでしょのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 安心感はあると思います
    本編、描き下ろし番外、ほか短編2本の構成です。どれもハッピーエンドです。
    本編にだけ焦点をあてますが、主人公受←攻の王道なスタートで展開の大枠を想定しやすく、ある種の安心感を持って読めると思います。幼馴染シチュエーションが好きだったり、好意を寄せられる受けがドタバタするタッチのお話が好きな方は楽しめる作品ではないでしょうか。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月10日