書籍の詳細

同じクラスの吉永大和がゲイだという秘密を偶然聞いてしまった長谷川唯司。大和の報われない恋に気づいた唯司は、親しくになるにつれ、複雑で不器用で一生懸命な大和の幸せを願うように。いろいろな想いや悩みを抱きながら、夏を過ごす大和と唯司。そして新学期―― 「吉永ってホモなの?」クラスメイト土井の発言から、大和の周りは騒然となり……。電子限定おまけ付き!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

こいものがたりのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 優しい世界観
    登場人物として男も女も出てくる中で、ゲイであることを悩む男の子を中心とした友情物語。なんでもかんでも同性愛を受け入れるんじゃない、綺麗事だけを描いてない現実にありそうなお話でどんどん引き込まれます。ゲイとか関係なく自分の周りの人間の幸せを願えるような登場人物が多くて、すごく心が癒される。2巻まで読んでます。エロが欲しい人は物足りないかもしれないですが、優しい世界感がすごく良いのですべての人に読んでほしい。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月29日
  • ネタバレあり
    ゆったりと時間が流れる
    主人公は淡々と友人がゲイだという事実を受け止めているように見えて、どうするのが友人のためになるのか悩んでいたりします。登場人物それぞれが悩んだり苦しんだりしていますが、優しい視点でゆっくりと時間をかけて話は進んでいきます。萌展開は有りませんし友情メインですが(1巻の時点では)みんな誰かを想って、幸せを祈っている青春群像劇です。絵も綺麗で読みやすいです。
    • 参考になった 7
    投稿日:2015年07月12日