新聞と憲法9条 敗戦から朝鮮戦争まで

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」 ――戦後70年を経て、日本国憲法の平和主義が、再び問い直されようとしている。憲法制定の過程に、新聞はどう関わったのか。戦争責任の追及、占領軍や天皇、政治家の動きなどを交え、多角的に検証する。 ※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:26500文字/単行本換算で37ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」 ――戦後70年を経て、日本国憲法の平和主義が、再び問い直されようとしている。憲法制定の過程に、新聞はどう関わったのか。戦争責任の追及、占領軍や天皇、政治家の動きなどを交え、多角的に検証する。 ※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:26500文字/単行本換算で37ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。