誰が龍馬を殺した!坂本龍馬暗殺の実行犯と黒幕は?藩の立場、個人の状況、歴史的因縁から考える。

299円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

10分で読めるミニ書籍です(文章量12,000文字程度=紙の書籍の24ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍説明文幕末の風雲児坂本龍馬は、百年先の未来を見据えながら、明治維新を目前にして、暗殺された。誰が、坂本龍馬を殺したか? 新選組という説もあれば、見廻組という説もある。どちらにしろ、徳川幕府側が、倒幕派の中心人物である龍馬を暗殺したことに変わりはない。しかし、幕府は、龍馬を殺す必要があったのか?龍馬の存在が邪魔になる者が、他にいたのではないか?目次 一、龍馬の生い立ち二、龍馬暗殺三、暗殺実行犯は、新選組か?四、暗殺実行犯は、見廻組か?五、暗殺の黒幕は、松平容保か?六、誰が、暗殺の黒幕か?七、関ヶ原の恨み八、結論… 以上まえがきより抜粋

カゴに追加 299 円(税別)

10分で読めるミニ書籍です(文章量12,000文字程度=紙の書籍の24ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍説明文幕末の風雲児坂本龍馬は、百年先の未来を見据えながら、明治維新を目前にして、暗殺された。誰が、坂本龍馬を殺したか? 新選組という説もあれば、見廻組という説もある。どちらにしろ、徳川幕府側が、倒幕派の中心人物である龍馬を暗殺したことに変わりはない。しかし、幕府は、龍馬を殺す必要があったのか?龍馬の存在が邪魔になる者が、他にいたのではないか?目次 一、龍馬の生い立ち二、龍馬暗殺三、暗殺実行犯は、新選組か?四、暗殺実行犯は、見廻組か?五、暗殺の黒幕は、松平容保か?六、誰が、暗殺の黒幕か?七、関ヶ原の恨み八、結論… 以上まえがきより抜粋

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 誰が龍馬を殺した!坂本龍馬暗殺の実行犯と黒幕は?藩の立場、個人の状況、歴史的因縁から考える。
  • 著者名: 潮美瑶/MBビジネス研究班
  • eBookJapan発売日: 2015年06月28日
  • 出版社: まんがびと
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 1.6MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 教養・カルチャー
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。