書籍の詳細

小学生の義弟・ふみの授業参観に行った駿と実央。そこで駿は、かつての想い人である同級生・和田に再会する。駿が動揺する一方で、実央はひょうひょうと振る舞う和田と不思議と親交を深めていく。そんな折、執筆に煩悶していた駿の小説が出版され、作家活動に転機が訪れた───。心が洗われるようなボーイズラブ、第一部完結!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

エトランゼのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    エトランゼは...
    エピソードの作り方、一コマ一コマ、瞬間瞬間の切り取り方が最高です。ラブシーンでさえ彼らにとっては日常と地続きなんだなーって感じがイイです。背景の書き込みも沖縄や北海道に行ったような気にさせてくれて、こんな風に毎日生活できたらしあわせ...とつくづく思う。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年07月22日
  • ジンジャーエール
    思っていたのと、違った。でも、それで良かった。
    自分の為、親の為、世間体のために『普通でいること』を選んだけれど突き通せず、すべてから逃げ出したゲイの小説家と天涯孤独な青年の話。自分を肯定できるのは自分なのだと気づくことから幸せが繋がる。甘くて爽やかなサイダーでは、ない。少し辛味のあるジンジャーエールの爽やかさが、感じられた。
    • 参考になった 12
    投稿日:2015年07月28日