NA建築家シリーズ 06 平田晃久+吉村靖孝

3500円 (税別)

獲得ポイント 35pt (1%還元)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。同時代を走る若手2人の理論と戦略NA建築家シリーズの第6弾。若手世代の筆頭となる1971~1972年生まれの人気建築家にスポットを当てます。2人はともに「せんだいメディアテーク」のコンペ(1995年)をきっかけに設計に希望を見いだしたという共通点を持ち、自身の事務所の設立もともに2005年。同年以降のものを中心に2人の作品にクローズアップしながら、それぞれの生い立ちや設計理論をお互いにインタビューをし合う形であぶりだしてもらいました。さらに、かつての恩師で著名建築家である伊東豊雄氏や古谷誠章氏との対談などを通して2人の成長の過程を明らかにします。【主な内容】平田晃久編Chapter1○平田晃久ができるまで(吉村靖孝氏によるインタビュー+伊東豊雄氏との対談)Chapter2~3○平田晃久を読む(作品紹介+関係者のコメント)Chapter4○平田晃久をひも解く(吉村靖孝によるインタビュー)吉村靖孝編Chapter1○吉村靖孝ができるまで(平田晃久氏によるインタビュー+古谷誠章氏との対談)Chapter2~3○吉村靖孝を読む(作品紹介+関係者のコメント)Chapter4○吉村靖孝をひも解く(平田晃久氏との対談)てい談/平田晃久氏VS吉村靖孝氏VS倉方俊輔氏(同世代の建築史家)

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 3500 円(税別)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。同時代を走る若手2人の理論と戦略NA建築家シリーズの第6弾。若手世代の筆頭となる1971~1972年生まれの人気建築家にスポットを当てます。2人はともに「せんだいメディアテーク」のコンペ(1995年)をきっかけに設計に希望を見いだしたという共通点を持ち、自身の事務所の設立もともに2005年。同年以降のものを中心に2人の作品にクローズアップしながら、それぞれの生い立ちや設計理論をお互いにインタビューをし合う形であぶりだしてもらいました。さらに、かつての恩師で著名建築家である伊東豊雄氏や古谷誠章氏との対談などを通して2人の成長の過程を明らかにします。【主な内容】平田晃久編Chapter1○平田晃久ができるまで(吉村靖孝氏によるインタビュー+伊東豊雄氏との対談)Chapter2~3○平田晃久を読む(作品紹介+関係者のコメント)Chapter4○平田晃久をひも解く(吉村靖孝によるインタビュー)吉村靖孝編Chapter1○吉村靖孝ができるまで(平田晃久氏によるインタビュー+古谷誠章氏との対談)Chapter2~3○吉村靖孝を読む(作品紹介+関係者のコメント)Chapter4○吉村靖孝をひも解く(平田晃久氏との対談)てい談/平田晃久氏VS吉村靖孝氏VS倉方俊輔氏(同世代の建築史家)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: NA建築家シリーズ 06 平田晃久+吉村靖孝
  • 著者名: 編:日経アーキテクチュア
  • eBookJapan発売日: 2015年06月25日
  • 出版社: 日経BP社
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 283ページ
  • 立読ページ数: 12ページ
  • ファイルサイズ: 108.3MB
  • 関連ジャンル: 専門書 建築
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。