書籍の詳細

ゲイアートの巨匠、田亀源五郎、初の一般誌連載作品。弥一と夏菜、父娘二人暮らしの家に、マイクと名乗る男がカナダからやって来た。マイクは、弥一の双子の弟の結婚相手だった。「パパに双子の弟がいたの?」「男同士で結婚って出来るの?」。幼い夏菜は突如現れたカナダ人の“おじさん”に大興奮。弥一と、“弟の夫”マイクの物語が始まる――。

総合評価
5.0 レビュー総数:4件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

弟の夫のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    感想
    無職でシングルファザーである主人公と彼の亡くなった弟の夫のマイクとの出会いは、家庭の幸福追求への課題と同じに受け取ることができ、読み応えありました。最終的に主人公と仲間たちが同性愛という負い目を克服し理解と教化を得ていますので、そこも参考にできました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年03月25日
  • 匿名希望
    まさかの一般誌連載
    過激な内容は一切無く、どっちかというと同性愛者という者に対する啓蒙漫画という感じですね。
    しかし、書き込みに対する執念と言うべきモノは凄いです(w
    • 参考になった 11
    投稿日:2015年11月26日
  • 弟の夫
    双子の弟の結婚相手はカナダ人、そして男だった――。田亀源五郎先生の、初めての一般誌連載作品です。主人公弥一、弥一の“弟の夫”のマイク、弥一の娘の夏菜の3人が、一つ屋根の下で暮らします。弥一はマイクとどう接していいか悩むのですが、小学生の夏菜は突如現れたカナダ人のおじさんをすぐ好きになり、疑問に思った事を素直に問いかけていきます。自分にはゲイへの偏見が無いと思っている人でも、思わぬ発見があると思います。同性婚について、ようやく日本でも議論になってきている中、正に今読むべき作品となっています。
    投稿日:2015年08月28日
  • 匿名希望
    まさかの一般デビュー
    二重三重の意味で極めて濃密な男体の作画、性的描写、そしてそれらを越える強烈なストーリーテラーとしての実力を持つゲイ漫画の巨匠、田亀源五郎先生の初の一般ストーリー漫画です。
    内容的にはゲイ文化の紹介やゲイへの無理解等をテーマにした啓蒙啓発的な作品となっています。
    所謂BL的な作品では性行為がつきものですが、そもそも性行為は好意の延長に有る物であると言う事を伝えるためか性描写は皆無です。
    同性愛をメインテーマに据えた作品でコレは中々冒険と言うか、娯楽性よりメッセージ性を重視していく気概を強く感じます。
    元々ストーリー面は高い評価を獲得しているだけあり、非常に唸らせられる面が有るのですが
    作画面でも涙で滲んだ月を見事に絵で表現してしまったり、その漫画家としての高い実力をまざまざと見せつけてきます。
    面白い漫画を読みたいならばおススメはしません、ですが考えさせられる漫画を読みたいなら手に取るべきだと思います。
    • 参考になった 36
    投稿日:2015年06月22日