書籍の詳細

義兄の代理として出席したパーティーで、元貴族だというダグラスの秘密を見てしまった倉沢信。その秘密とは、ダグラスが一族の長である証の狼の耳と尻尾だった――。親族と伴侶にしか見えないはずのそれが見える信は、お屋敷に軟禁されダグラスに強引に抱かれてしまう。ショックを受ける信に、「伴侶なのだから当然だ」とダグラスは反省する様子もなくて!? 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

花嫁は月夜に攫われるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 主人公達の成長
    普通の人には見えない設定の狼耳と尻尾とゆうのが新鮮。主人公は初めどちらも各々問題ありな性格で、それが少しずつ変わっていくのと、気持ちが変わっていくのと読み応えありました。ハッピーエンドだし最後に分かる番の印も良かった!続編出て欲しい作品かな。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年03月06日