書籍の詳細

他人への興味が薄いと言われていた高校生の矢野爽太郎。そんな爽太郎を変えたのは、臨時教師の菅理人とのある夏の日の出来事だった。ただの教師としか思っていなかった菅の「センセイ」ではない表情を目にした瞬間、初めて他人を「知りたい」という衝動に駆られた爽太郎は、今まで感じたことのない気持ちを抱きながら菅のもとを訪れ――。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

群青に染まるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 甘くて癒される生徒×教師もの
    『恋』っていう言葉がすごく合う、甘くて切なくてどうしようもない気持ちのぶつかり合いがキュンとします。

    教師生徒ものは立場の違いや世間体など色々な障害があって…というのが王道ですが、この作品はひたすら幸せになれるお話でした。絶対癒されると思います!
    エロもありますがエグくない感じなので、エロ重視の方には足りないかも。

    それと表題作ともうひとつ、幼馴染ものも収録されてます。
    絶対嗅覚みたいなものを持った攻と、フェロモン全開の受のお話ですが、こちらは想像しやすい展開で少々物足りなかったような気がします。

    初購入の作家さんですが、今後他の作品も読んでみたいです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年06月14日