なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」

1111円 (税別)

獲得ポイント 12pt (1%還元)

なぜ、我々は、マネジメントの道を歩むのか。部下や社員の人生を、預かること。部下や社員の成長を、支えること。そのことが、マネジメントの責任であるならば、それは、文字通り「重荷」であるはず。にもかかわらず、なぜ、我々は、自ら「重荷」を背負って歩むのか。本書はそのことを、著者の四半世紀の歩みを振り返りながら、語ります。【目次紹介】●なぜ、あなたは、自ら「重荷」を背負うのか●経営者やマネジャーが背負う「重荷」とは何か●素晴らしいマネジャーの「後姿」から学んだもの●なぜ、マネジメントの道を歩んだのか●そもそも「人間としての成長」とは何か●マネジャーが身につけるべき「人間観」とは何か●職場における「出会い」とは何か●仕事における「苦労や困難」とは何か●いかにして「部下の成長」を支えるか●いかなる「言葉」を部下に語るべきか●マネジャーが巡り会う「奇跡」とは何か

カゴに追加 1111 円(税別)

なぜ、我々は、マネジメントの道を歩むのか。部下や社員の人生を、預かること。部下や社員の成長を、支えること。そのことが、マネジメントの責任であるならば、それは、文字通り「重荷」であるはず。にもかかわらず、なぜ、我々は、自ら「重荷」を背負って歩むのか。本書はそのことを、著者の四半世紀の歩みを振り返りながら、語ります。【目次紹介】●なぜ、あなたは、自ら「重荷」を背負うのか●経営者やマネジャーが背負う「重荷」とは何か●素晴らしいマネジャーの「後姿」から学んだもの●なぜ、マネジメントの道を歩んだのか●そもそも「人間としての成長」とは何か●マネジャーが身につけるべき「人間観」とは何か●職場における「出会い」とは何か●仕事における「苦労や困難」とは何か●いかにして「部下の成長」を支えるか●いかなる「言葉」を部下に語るべきか●マネジャーが巡り会う「奇跡」とは何か

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」
  • 著者名: 著:田坂広志
  • eBookJapan発売日: 2015年06月10日
  • 出版社: PHP研究所
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 494.7KB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 ビジネス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。