バイオベンチャー列伝―週刊東洋経済eビジネス新書No.112

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

2000年初頭、日本ではバイオベンチャーブームが起きていた。が、現在までに上場にこぎ着けた会社は三十数社。各社とも技術面での実力はすごく、ノーベル賞を受賞したiPS関連の技術、遺伝子分析、細胞生物学、免疫学などいずれも学問的な水準は世界でもトップ級だ。だが、その大半が研究開発費先行のため赤字経営だ。 そんな中でも黒字を叩きだしている企業は存在する。ミドリムシで有名なユーグレナなど、代表的なバイオベンチャーを紹介する。 本書は、東洋経済新報社のサイト「会社四季報オンライン」に掲載された連載「大化け創薬ベンチャーを探せ!」を加筆修正のうえ制作しています。 ●●目次●●日本のバイオベンチャーペプチドリーム「『赤字が常識』の創薬ベンチャーが、4期連続最終黒字達成」Interview 窪田規一/ペプチドリーム社長「創薬ビジネスの将来」プレシジョン・システム・サイエンス「バイオ分析装置で医薬の研究現場を変える!」Interview 田島秀次/PSS社長「アボットとの共同研究中止で中核技術に集中」ユーグレナ「ミドリムシで快進撃。『緑汁』から燃料、医薬へ!」Interview  出雲充/ユーグレナ社長「大量培養法では特許を取らず、秘匿情報化」UMNファーマ「実務家に経営トップを禅譲し、創薬専業から製薬メーカーへ!」Interview 平野達義/UMNファーマ会長兼社長「会社の形が変わる中で、2度目の社長就任」メディネット「『お家騒動』終結で注目の今後」Interview 木村佳司/メディネット会長兼社長「『免疫』をキーワードに起業を決意」そーせいグループ「480億円で英社買収の勝算」Interview 田村眞一/そーせいグループ社長「480億円を投じた買収は無謀な賭けか」

カゴに追加 200 円(税別)

2000年初頭、日本ではバイオベンチャーブームが起きていた。が、現在までに上場にこぎ着けた会社は三十数社。各社とも技術面での実力はすごく、ノーベル賞を受賞したiPS関連の技術、遺伝子分析、細胞生物学、免疫学などいずれも学問的な水準は世界でもトップ級だ。だが、その大半が研究開発費先行のため赤字経営だ。 そんな中でも黒字を叩きだしている企業は存在する。ミドリムシで有名なユーグレナなど、代表的なバイオベンチャーを紹介する。 本書は、東洋経済新報社のサイト「会社四季報オンライン」に掲載された連載「大化け創薬ベンチャーを探せ!」を加筆修正のうえ制作しています。 ●●目次●●日本のバイオベンチャーペプチドリーム「『赤字が常識』の創薬ベンチャーが、4期連続最終黒字達成」Interview 窪田規一/ペプチドリーム社長「創薬ビジネスの将来」プレシジョン・システム・サイエンス「バイオ分析装置で医薬の研究現場を変える!」Interview 田島秀次/PSS社長「アボットとの共同研究中止で中核技術に集中」ユーグレナ「ミドリムシで快進撃。『緑汁』から燃料、医薬へ!」Interview  出雲充/ユーグレナ社長「大量培養法では特許を取らず、秘匿情報化」UMNファーマ「実務家に経営トップを禅譲し、創薬専業から製薬メーカーへ!」Interview 平野達義/UMNファーマ会長兼社長「会社の形が変わる中で、2度目の社長就任」メディネット「『お家騒動』終結で注目の今後」Interview 木村佳司/メディネット会長兼社長「『免疫』をキーワードに起業を決意」そーせいグループ「480億円で英社買収の勝算」Interview 田村眞一/そーせいグループ社長「480億円を投じた買収は無謀な賭けか」

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。