著:トーマス・セドラチェク 訳:村井章子

東洋経済新報社

3400円 (税別)

34ポイント獲得(1%)

ユーザー評価なし レビューを見る
  • カゴに追加
ユーザー評価なし レビューを見る

善と悪の経済学―ギルガメシュ叙事詩、アニマルスピリット、ウォール街占拠の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

善と悪の経済学―ギルガメシュ叙事詩、アニマルスピリット、ウォール街占拠の詳細

スペシャルレビュー

一覧を見る

欧州騒然! チェコのベストセラー、ついに日本上陸!

資本主義の限界が叫ばれるなど、旧来の経済学理論は、混迷する現代世界の諸問題に対処しきれなくなってきている。本書で著者は、現在主流になっている経済学は、本来の経済学とは異なることを指摘し、“古い考え”の多くに立ち戻るべきと主張する。4,000年以上前の人類最古の著作物であるギルガメシュ叙事詩、旧約聖書、ギリシャ神話などにはすでに経済学の考え方が示されており、そこには倫理や哲学の要素も含まれていた。ところが現代の経済学はそれらを排し、価値判断を含まない数学的分析を主とするものになっている。本書では、古代の神話から続く経済学、経済思想の歴史を紐解きながら、いつどのように経済学が変質していったのかを明らかにしている。本書はチェコでベストセラーになり、15の言語に翻訳されている。
書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。