書籍の詳細

刈野の異母兄・巽は、敷かれたレールを真っ当に歩んできた優等生。エキセントリックな男・仙崎との出会いにより、[バッドボーイ]として「優等生」の枠を逸脱し始める。仙崎は巽に激情をぶつけ、同じように全てを投げ出した本気の愛を求めるが…。刈野×梓編、八鳥×大須賀編も収録。未公開の表紙ラフと著者コメントを追加した電子限定特別版!

総合評価
3.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

カーストヘヴンのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    うーん
    一巻だけ購入。
    人気がある作品だと聞いていたのですが、うーん、好みに合わなかった。
    梓×刈野は、顔も好みで(笑)話の流れも分かりやすいんですが。 途中からあつむ×久世の話に突然切り替わります。久世は何故あつむが好きなんだろう?(笑)完全にこのcpが好みでない私の偏見ですが…(笑)
    ともかくcpがコロコロ替わるというのは、感情移入しにくいですね…。替えるのは1cp完結してからにしてほしい。
    絵は綺麗なんですよね〜。
    これから読もうという方は一巻だけでなく全巻購入する覚悟が必要と思います(笑)一巻だけ読んでもサッパリです。まぁ続きは私は買いませんが…
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年07月08日
  • カーストヘヴン
    学園に秘かに存在する伝統的な遊戯「カーストゲーム」。その厳格なヒエラルキー制度を利用して、最愛の男を「ターゲット」にし、もてあそんでいく刈野。彼の歪んだ愛情に、どうしてどうして?と苦しくなる。さらにヒエラルキーに対し顔を上げてはむかっていく梓の心の強さに、胸を打たれてしまうのだ。ドロドロになるようなHシーンの甘さも、いっそう彼らの迷路の壁を高くする。さあ、どうしたら幸せになれる? それをヒリヒリしながら見つめ続けたいのです。ずっとずっと。
    投稿日:2015年08月28日