書籍の詳細

かつて惹かれ合った若手舞台芸術家の国府と学生だった鴫原。二人の関係は国府の突然の渡英によって一方的に断たれた。しかし、3年後、過去を忘れ結婚を決意した鴫原の前に彼は再び現れた――。結婚をした鴫原と演劇界のカリスマのヒモ状態の国府。元にも戻れず別れることもできない二人は、夢と現実のはざまで、深海で呼吸も僅かに生きる魚のように、密やかに愛し合うことを望むが、切なくつらい結末が待っていた。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

深海魚たちのうた【特別版イラスト入り】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    包まれたい
     センチメンタルでありながら、それが逆上していくさまは読者に強く訴えかける何かがあります。離れられなくても、完全に混ざり合うことができない。二人の複雑な関係性が色濃く表現されていて、かつ後半の流れには胸が締めつけられる想いになりました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日