書籍の詳細

ヤクザの組長と愛人 二十余年間の、愛憎と絆。医者を目指す平凡な高校生・右介(ゆうすけ)は、高校の図書室で威圧的な同級生・大和(やまと)に組み敷かれ、無理矢理に犯されてしまう。以降十年、ヤクザの組長となった大和に監視され続け、闇医者の傍(かたわ)ら、愛人として身体を弄(もてあそ)ばれる苦悶の日々を送っていた。そんなある日、右介はとある取引に連れ出される。そこで大和から告げられたのは、目の前で他の組の組長と寝ろという命令で──…。人生を奪った男と奪われた男の、二十余年に渡る、ねじれた絆の形。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

バラ色の時代のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • やくざの組長の息子、大和と医者一家の息子、右介の話。高校の図書室で出逢って二十年、右介は大和にすべてを奪われ続ける。それは愛情からなのか憎しみからなのか右介には分からないまま二人の時間は進行していく。語られない大和の心情に振り回される右介。大和のような、こういう表現もあるんだなと思った。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月04日