書籍の詳細

「その生き血を飲めば永遠の命を得ることができると言われている……」。「永遠の命」をテーマに、手塚治虫が生涯にわたって描き続けたライフワーク作品「火の鳥」シリーズがついにはじまる! 第1巻には「騎馬民族渡来説」を取り入れ、独自の解釈による日本神話を描いた「黎明編」に加え、手塚治虫エッセイ集より抜粋した「『火の鳥』のロマン」を掲載。 <手塚治虫漫画全集収録巻数>・『火の鳥』黎明編(手塚治虫漫画全集MT201~202『火の鳥』第1~2巻収録) ・『「火の鳥」のロマン』(手塚治虫漫画全集別巻MT389『手塚治虫エッセイ集』第3巻収録) <初出掲載>・『火の鳥』黎明編 1967年1月号~11月号 COM連載 ・『「火の鳥」のロマン』1983年1月号 「旅」掲載

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

火の鳥 【手塚治虫文庫全集】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • はじめてハマった漫画
    小学校に入る前に父親の持っていた『火の鳥』にはまりました。もちろん内容は分からなかったと思いますが、荒廃する未来都市、カプセルから出ると溶けてしまう動物たち、気の狂ったアンドロイド裸女など、凄まじいイメージに釘付けでした。ほか『鳳凰編』の我王の残酷な生い立ちも怖いもの見たさも手伝ってよく見てました。昔の作品ですが今読んでも面白い。日本マンガ界の至宝であり、壮大なスケールに圧倒されます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年03月23日