書籍の詳細

「丘の上のおばけ屋敷」と噂のある空澤家でワケあって家政夫バイト中の高校生・美郷 哲。ある日、本邸の離れで暮らす謎の少女・空澤志津と出会い、どこか寂しげな笑顔に惹かれていく哲だが、再び会った時の彼女はまるで別人のように様子が豹変していて……?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

おはよう、いばら姫のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 多重人格のお嬢様志津と、頑張り屋の貧乏男子哲くんのラブストーリー…と思いきやいきなりホラー!憑依体質の彼女の中には老若男女様々な霊が出入りしているという展開に。
    設定はオカルトでありながらもストーリーはとてもしっかりしていて、哲くんが背負っているもの、そして志津が本家から隔離され、幽閉されている理由…など謎が多く1巻から夢中になりました。絵もとても綺麗で、特に瞳の美しさと力強さに見とれます…!
    次巻で最終回とのことですが、どんな風にそれぞれの物語が収束していくのか…みんなが幸せになれることを願うばかり。最後までドキドキです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月24日
  • おはよう、いばら姫
    2年と少し前、編集長就任が決まった直後のコミティアでデザートのブースを訪れてくれた森野萌さん。作品を読ませてもらった瞬間「久々に凄い才能の持ち主と出会えた」と、心が躍ったのを鮮明に覚えてます。「おはよう、いばら姫」はワケあって家政夫のバイトをする主人公・哲が、もう何年も姿を見た人がいないというお嬢様と出会い、彼女の秘密を知っていくうちに…!?という話なのですが。ミステリー要素あり、ファンタジー要素あり、ホラー要素もあり!? という少女漫画の枠に収まらない凄い作品です。これから、さらに凄みを増していくはずですので、ぜひ今のうちにチェックして、新たな才能を「見つけた喜び」を感じてください!!
    投稿日:2015年08月28日