【疲労骨折への対応】 1 受傷経験者から見た疲労骨折と現場での対応

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】疲労骨折の経験  高校3年生まで、私自身も野球に打ち込んできました。疲労骨折を経験したのは2年生の秋が終わる頃です。診断を受ける数カ月前の夏に、投げ方やエクササイズを教わる機会があり、それ以来毎日行うようにしていたのですが、徐々に痛みが現れるようになりました。教わった投げ方というのは、投球時(コッキング期)に肘上げを強調するというものだったのですが、練習のキャッチボールのときに何度も肘上げを強調して取り組んでいました。すると、少しずつ肩に痛みが出るようになってきたのです。約27mの塁間距離は問題なかったのですが、それ以上の距離の遠投になると肩に痛みが出ました。当時の私は二塁手で、外野手からの中継プレー以外ではあまり遠い距離を投げることがなく、痛み自体も肩が温まれば軽減するような状態だったのでプレーは続けていました。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 300 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】疲労骨折の経験  高校3年生まで、私自身も野球に打ち込んできました。疲労骨折を経験したのは2年生の秋が終わる頃です。診断を受ける数カ月前の夏に、投げ方やエクササイズを教わる機会があり、それ以来毎日行うようにしていたのですが、徐々に痛みが現れるようになりました。教わった投げ方というのは、投球時(コッキング期)に肘上げを強調するというものだったのですが、練習のキャッチボールのときに何度も肘上げを強調して取り組んでいました。すると、少しずつ肩に痛みが出るようになってきたのです。約27mの塁間距離は問題なかったのですが、それ以上の距離の遠投になると肩に痛みが出ました。当時の私は二塁手で、外野手からの中継プレー以外ではあまり遠い距離を投げることがなく、痛み自体も肩が温まれば軽減するような状態だったのでプレーは続けていました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧8冊の書籍

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。